ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「なぜそれほど関心を持つのか」

(なぜそれほどかんしんをもつのか)

お悩み体験

あの人、どうしても合わない…

アイツさえ居なければ…

 

そんな事を感じた経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

相性

どうしてもウマが合わない人は居ませんか?

事ある度に、何かと「イヤなコト」を言ってきたり、「イヤなトコ」を突いてきたり…

犬猿の仲とでも言うのでしょうか、

その人のことを話すとしたら、真っ先に「悪口」を言いたくなったり… は、しませんか?

 
f:id:yukihori-oyaji:20171011075442j:image

脳科学者

日本のマスメディアに良く登場する脳科学者は言いました…

どうしても悪口を言いたくなる人が居るとしたら、

逆に何故それ程関心を持つのか、

自問した方が良い。

By 茂木健一郎

↓ 茂木さんが書かれた記事 ↓

president.jp

 

「イヤよイヤよも好きのうち」とも言うのでしょうか。苦手な人の存在が「目障り」だったりして、「どうしても気になる」と言う状態を、脳科学的に見たときには、「好き」と同じレベルで「感情の回路」に深く刻まれているそうです。

「好き」にしろ「嫌い」にしろ「感情」と言うものは、ココロのエネルギーを大量に消費します。

また、その「深く刻まれた理由」について見た時に、多くの場合は「嫉妬(自分に無い要素を持っている)」や「投影(自分の中の嫌いな要素が重なる)」が、その原因となっているようです。

「嫉妬」ならばそれを手に入れる努力、「投影」ならば改善する努力、それぞれの努力へのモチベーションとして「嫌いという感情」を上手く使う事を、茂木さんは提案されています。

 

 

どのみちエネルギーを使うなら

プラスになるように使えば良いよ

 

僕にそんな考え方を教えてくれる言葉です。