ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「敵と戦う時間は短い」

(てきとたたかうじかんはみじかい)

お悩み体験

次の試合、勝てるかな…

本番で、力出せるかな…

負けたらどうしよう…

 

そう感じた経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

結果

イザッ、本番!

さぁ、出番です!

勝負の時は来ましたよ!

 

…うまく結果を出せるか心配。

…案の定、失敗、、、(泣)

 

↑↑ 実はコレ、僕の体験です。

茶飯

僕は、スノーボード2級の検定を、5年以上も落ち続けた「ダメダメ君」なので、こんな事は日常茶飯事でした。

 一本

 20世紀に「一本足打法」で輝かしい成績を残し、21世紀に監督としてプロ野球で活躍した人は言いました… 

敵と戦う時間は短い。

自分との戦いこそが、明暗を分ける。

By 王貞治

 
f:id:yukihori-oyaji:20170916152318j:image

そうなんです。

本番に結果を出している人達は、「本番に強いから」ではないのです。

本番以外の時間に、ストイックに自分に挑み続けているからなのです。

合格ライン

スノーボードの検定で「合格点を目指して」居たから、ダメダメ君だったのです。

本番に実力の全てを出し切れる人など、そうは居ません。大概の人は、緊張やストレスなどのプレッシャーに負けてしまい、普段の力の「9割」出せれば良い方だと思います。

70点が合格ラインの検定ならば、練習では80点を出せるように努力すれば良かったのです。

70点を出せるような練習では、単純に足りないだけなんです。

 

 

本番よりも普段を大切にしなさいよ

 

そんな事を僕に教えてくれる言葉です。
f:id:yukihori-oyaji:20170916152405j:image