ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「何が出来ないかを知る」

(なにができないかをしる)

お悩み体験

アレをやりたいけど才能が…

コレもやりたいのに状況が…

自分には何が向いているか…

 

そう感じた経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

 逆説

つい数日前に、こんな記事を書きました…

今回は、その真逆の言葉になります。

 

20世紀のアメリカで「B級映画のクイーン」と呼ばれていた女優さんは言いました…

自分に何が出来るかを知るより、

何が出来ないかを知ることの方が重要

By ルシル・ボール

f:id:yukihori-oyaji:20170911092540j:image

今「出来ない」事に集中した方が良いよ…

と、女優さんは教えてくれます。

いわゆる「弱点克服」のスタイルですね。

 

一方、物理学者さんは、

 今「出来る」ことに集中した方が良いよ…

と、教えてくれます。

こちらは「長所進展」のスタイルです。

 

さてさて、どうしたものでしょうか?

 

理解

僕の理解はこうです。

女優さんも、物理学者さんも、共通して「自分の境遇・不遇を嘆かない」という考え方なのだ、と。

 

女優さんには、きっと自分には「ずば抜けた才能」が無い、という自覚があった筈です。何せ「B級映画のクイーン」ですから。

才能の無さを嘆くより、出来ない事を減らす事に集中して、最終的に彼女は「ルーシー」としての成功を手に入れました。

 

物理学者さんには、身体を自由に動かすことが出来ない、という悩みが大きかった筈です。何せ「車椅子の物理学者」ですから。

身体の不自由さを嘆くより、頭の中で考えるという「出来る事」に集中して、彼は「量子宇宙論」の先駆けとして成功を手に入れました。

 

出来ない理由を見つけたら、

嘆いたり悩んだりするよりも、

もっと時間を有効に使う方が良いよ。

 

…と、僕に教えてくれる言葉です。
f:id:yukihori-oyaji:20170911093131j:image