ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「弱い所は、労らずに鍛えろ」

(よわいところは、いたわらずにきたえろ)

お悩み体験

弱みが気になる…

不利な立場だから…

 

そう感じた経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

弱み

何かにチャレンジする時に、「自分の弱み」の部分というのは、誰しも気になるものです。

「気にするな」と言われても、それは無理です。

往々にして僕達は、その自分や仲間の「弱み」を「かばい」、「いたわり」無意識のうちに、うまくいかない「理由」や「言い訳」として位置付けてしまいがちです。

正面

同じ「気にする」でも、少し違う「気にしかた」をした人が居ます。

自分自身の「弱み」に、正面から向き合い、「その弱み補う方法」を探したのです。

 

 富士

優勝31回という、輝かしい戦績を誇る 第58代横綱は「ウルフ」と呼ばれて親しまれました。

そんな彼は、肩の関節に問題を抱えていましたが、その周りの筋肉を「徹底的に鍛え上げる」という選択肢を選びました。

「自分の弱い所こそ、大事に労るのではなく、

徹底的に鍛えることだ。」

By 千代の富士

f:id:yukihori-oyaji:20170830073418j:image

 

彼はきっと、

「弱み」も含めた自分自身を受け入れ、

正面から向き合い、

その中で、自分自身が考えた事を

強く信じ、努力を継続したに違い有りません。

 

是非、見習いたいです。