ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「授人以魚 不如授人以漁」

(ひとにさずけるにさかなをもってするは、ひとにさずけるにりょうをもってするにしかず)

お悩み体験

何度教えても出来ない…

応用の利く部下(後輩)が居ない…

 

そう感じた経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

老子

むかーし昔の中国に「老子」という人が居ったそうな。

その人が残した言葉に、

「授人以魚 不如授人以漁」

人に授けるに魚を以ってするは、

人に授けるに漁を以ってするに如かず

というものが有りました。
f:id:yukihori-oyaji:20170829063106j:image

 

意味

意味、判りますか?

魚をあげる、というのは「一時的」な助けにはなるけど、

釣り(漁)を教えてあげた方が、もっと良い、という意味です。

 

「小手先」や「その場しのぎ」の対策よりも、

「本質的」で「恒久的」な手段や、

「意味・目的」そのものを伝える。

その方が、その人のためになるよ。

 

と言う事を僕等に伝えてくれている気がします。
f:id:yukihori-oyaji:20170829063611j:image