ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

「鶏口牛後」

(けいこうぎゅうご)

お悩み体験

毎日が、会社の歯車…

独立はしたいけど、コワい…

 

そんな経験はないですか?

もしあれば、この記事でも読んでみて下さい。

 

従属

誰かの後について進む「サポート」タイプですか?

こちらのメリットは、やはり「安全」でしょうね。

先頭きって走り続けるのは、やはり疲れるものです。

斬り込み隊長が開拓した道を、確実に歩むという

堅実タイプと言えるのかも知れません。

f:id:yukihori-oyaji:20170812200859j:image

先導

斬り込み隊長として突き進む「リーダー」タイプですか?

こちらのメリットは、やはり「ワクワク」でしょうね。

誰かの背後を付いていくのは「楽」ですが、やはり退屈です。

自分が選んだ道を進んで行きたいという

チャレンジャータイプと言えるのかも知れません
f:id:yukihori-oyaji:20170814101440j:image

蘇秦

中国の歴史書である「史記」に記された「蘇秦」の言葉として有名な、この「鶏口牛後」という言葉。

小さな組織の長にはなっても、

大きな組織で使われる者にはなるなよ。

という意味で使われています。

正解

正直、どちらか正解かどうかは知りませんが、

僕は「鶏口」の方が良いです。

今の時代、大きな組織が安泰とは、とても思えないので。

 

もしかしたら、自らが単独でも「鶏」として通用するような人材が、大きな組織でも活躍できるのではないか、と感じます。
f:id:yukihori-oyaji:20170814101715j:image