お悩み解決のヒント まとめ

中年サラリーマン『Terra-Sun』の 余計なお世話

「悩み」「迷い」… 怯んだ僕等の背中を そっと押してくれる「言葉の力」
誰かの何かの役に立てば本望です。。。

「習うより慣れよ」

(ならうよりなれよ)

違和感

過去形とは言え、「指導員」と名の付く仕事をしていた者が、『習うより慣れろ』を推奨する事には、少し「違和感」を感じられるかもしれませんね。

大切

「習う」事は非常に大切です。

独学の「手探り」で、闇雲に突き進むよりも、

先人たちの「学び」を通じて行われる「指導」を受けた方が、効率良くスタートをきる事ができます。

f:id:yukihori-oyaji:20170731215819j:image

問題

実は、その先が問題なんです。

「座学」という言葉を聞いたことがありますか?

文字通り、椅子に座って学ぶと言うことです。

「ナントカ教室」に通い、

先生が言う事を、椅子に座って習い、聞き、理解する。

f:id:yukihori-oyaji:20170731220123j:image

この「座学」を重ねて、「学んでいる」と錯覚していませんか?

理解

「理解する事と、出来ると言う事は、別物」

という言葉を耳にする事があります。

その通りだと感じます。

完璧に理解したつもりなのに、いざやってみると、上手く行かない。

「座学」の後の「実践」はしてみましたか?

 

習慣

逆に、理屈は良くわからないけど、普通に出来る事で、

周りの人に「スゴイ!」と驚かれる事は有りませんか?

f:id:yukihori-oyaji:20170731222043j:image

実践には、座学を超越する「情報量」があります。

教科書には書かれていない「想定外」の出来事も起こります。

習うより慣れろ

習った事は、理解出来ましたか?

習った事は、出来るようになりましたか?

理解した事を、「出来る」ようになるには、

「座学」を重ねるよりも、

実践して、慣れた方が早いですね。

 

例えば…

英会話に通い始めて、一年たったけど

まだ、上手くコミュニケーションがとれない。。。

そんなときこそ「実践」をする最高のタイミングです。

f:id:yukihori-oyaji:20170731220713j:image

まだ、上手く喋れないから…

と、躊躇していては、なかなか次には進めませんよ。

 

「泳げるようになったらプールに行く」

という様な人は、この先ずぅ~っと泳げません。